どこに通えばいいの?

司法書士はどんな仕事をしているのか?

司法書士の主な仕事は、不動産などの登記業務や裁判所・検察庁などに提出する書類を作成し提出したり手続きを代行することです。また、法務大臣から認定を受けている認定司法書士であれば、簡易裁判所での民事の訴訟や執行、保全や和解・調停などで本人の代理をすることもできます。
司法書士でなければできない業務も多く、専門的な法律の知識やスキルが必要で、司法書士法に基づく国家資格となっています。
司法書士は身近な法律の専門家として期待されています。認知症などで正常な判断が出来ない人の権利を法律的に援助する成年後見制度や、遺言書の作成や相続に関する手続きなどは司法書士の専門分野であり、これからますます必要とされる業務となっています。

司法書士になるためには?

司法書士は国家資格なので、国家試験に合格しなければなりません。受験資格には学歴や年齢による制限はなく、誰でも受験をすることが可能です。司法書士試験は年1回実施され、とくに制限がないので落ちたとしても何度でも受験することができます。合格率は3%ほどで難易度が高い試験といえます。
独学で試験勉強をすることも可能ですが、専門的な知識が必要なため資格酢ルールや専門学校・大学などで学ぶ人がほとんどです。試験対策も、資格取得のために試験勉強に専念するか、司法書士事務所などで仕事をしながら資格取得を目指す人も多く見受けらます。
また、試験に合格した後は司法書士会の研修を受け、登録をしなければ業務を行うことはできません。

© Copyright Practitioners Who Combine. All Rights Reserved.