司法書士になるためにはどうしたらいいの?

司法書士になるためには、7月に行われる筆記試験と、10月の口述試験に合格する必要があります。筆記試験は不動産登記法や商業登記法などの知識を問うマークシートによる択一式試験と、不動産登記及び商業登記…

どこに通えばいいの?

司法書士の主な仕事は、不動産などの登記業務や裁判所・検察庁などに提出する書類を作成し提出したり手続きを代行することです。また、法務大臣から認定を受けている認定司法書士であれば、簡易裁判所での民事の…

司法書士試験に受かるためのコツってあるの?

不景気のこの時代、手に職を付けるために様々な資格が注目されています。なかでも法律系国家資格である司法書士は大変人気です。司法書士とは不動産の登記や会社の登記等を行う資格です。さらに制限はありますが…

なにを学んでいけばいいの?

司法書士試験は、択一問題と記述問題が出題されますが、まず取り組むべきは択一問題の勉強です。なぜなら、記述問題は択一問題をある程度理解できるようになって初めて、対応できる問題だからです。また、択一問…

優先順位はあるの?

医師が診療科目に応じて適切な治療を行うように、法律家も専門分野で異なります。弁護士は法律のオールラウンドプレーヤーですが、権利や登記に関するエキスパートは司法書士です。医師免許があれば内科・産婦人…

司法書士の試験とは。

司法書士の試験は、年に一度、7月に第一次試験である筆記試験が午前、午後と開催されます。9月に第一次試験合格者発表があり、合格者は10月の口述試験を受けることが出来ます。最終合格発表は11月です。

© Copyright Practitioners Who Combine. All Rights Reserved.